アイキャッチ

【簡単】油絵の“始め方”と用意する“道具”をまとめてみた。

  • 328

油絵とは?

乾かして、絵具を重ねるから、やり直しができる!それが油絵の簡単に始められる理由かもしれません。

バベルの塔

↑『バベルの塔』ブリューゲル

こんなきれいな絵が描けたら最高ですね✨

最初に揃えたい道具一覧

  1. 絵の具 10色セットか12色セット
  2. 筆 8本ほど(0〜8号)
  3. キャンバス 真ん中F6号サイズ(410cm×318cm)または小さめF0号(180cm×140cm)
  4. パレット 紙パレットか
  5. 溶き油(ぺインチングオイル)
  6. 筆洗油
  7. 筆洗器
  8. 固形石鹸
  9. 油壺(小さい瓶)

ウエス(ボロ布可)や野外用イーゼルがあるといいかもしれません。

5.油

  • 絵を描く(固める系)ぺインチングオイル(乾性油など混ぜたとき油)
  • 絵を描く(蒸発性、さらさら)テレビン・ぺトロール(揮発性油)
  • 筆洗油
  • 完成後に塗るニス…タブロー

※ちなみに、、乾性油とは、ポピーやリンシードという種の油のことです。揮発性油は、石油や松ヤニから作られる油です。

3.キャンバス

  • 細目…人物や小さい作品に。
  • 中目…とりあえず描くなら。
  • 粗目…厚塗りや大きいサイズの作品に。

セットがおすすめ!予算は?

6,000〜7,000円で初心者向けのセットが売っていました。これだと、《絵具・筆・パレット・ペインチングオイル・筆洗油・油壺》がおそらく入っていますね!すると、キャンバス・布・石鹸を用意すれば良いくらいでしょうか??

イーゼルは2,000円ほどで購入できるようです。

セット
セット

筆の洗い方

2.筆+《6. 筆洗油 7. 筆洗器 8.固形石鹸》を使って洗います。

筆の絵具を布などで拭き取る

筆洗器に筆洗油(ブラシクリーナー)を入れて、やさしく筆を洗う

布などで拭き取る

※繰り返す

固形石鹸で洗う

水で流す

やさしく拭き取り、しっかり乾かす

【さっそく】油絵を描く手順へ!

下書き

揮発性油(テレビン、ペトロ―ル)で薄く描く

ペインティングオイルで描く

半年くらい置く(しっかり乾かすため)

ニスを塗る

まとめ

  • 油絵を始めるには、8,000〜10,000円くらいが予算!
  • 油絵セットは必要な道具がそろっているのでおすすめ!

油絵は、「乾かして塗る。」時間をかけて描く技法です。じっくり作品と向き合う楽しさがあると思います。

油絵とは? 乾かして、絵具を重ねるから、やり直しができる!それが油絵の簡単に始められる理由かもしれません。 ↑『バベルの塔』ブリューゲル こんなきれいな絵が描けたら最高ですね✨ 最初に揃えたい道具一覧 絵の具 10色セッ…

油絵とは? 乾かして、絵具を重ねるから、やり直しができる!それが油絵の簡単に始められる理由かもしれません。 ↑『バベルの塔』ブリューゲル こんなきれいな絵が描けたら最高ですね✨ 最初に揃えたい道具一覧 絵の具 10色セッ…

コメントを残す