部屋に必要なモノの数を検討する。

  • 152

ミニマリストの部屋作りとして、必要なものを考えてみる作業をしてみます。

今回は、「部屋」だけに絞って、洗面所やキッチンなどは考えません。

私自身、実家暮らしで1人部屋なので、自分のモノがどれだけ必要なのかを知って、部屋の片付けに活かせたらと思いました。

こうやって、まずは文字に書いて把握する片付け方法もおすすめです。

趣味を3つに絞る

まずは、自分に必要なものは何かを考えます。

そのときにおすすめなのが、趣味を3つで表すということです。

趣味って限りがないから、これも好き、これも好き、とものが増えてしまいます。

でも、3つに絞ってみると、本当に必要なものが少しわかる気がします。

私の場合、

  • アイドル
  • 音楽作り

です。

美味しいものも好きだし、読書も好きだし、音楽も好きです。

でも最近ハマっているのは、音楽作りで、これからもっと勉強したいなーと感じますし、昔から服とアイドルはずっと好きなので、この3つになりました。

3つに絞ると、趣味の範囲で必要なものはこの3つ関連のものになります。

私の場合、

  • 洋服や靴、バッグ
  • アイドルグッズ、コンサートグッズ、雑誌
  • パソコン、キーボード、マイク

になります。

そう考えると、今使わないものが明白になってきます。

例えば、

  • CD
  • その他雑誌
  • 飾り系の置き物
  • 集めていたガチャガチャ
  • 昔の思い出系
  • 溜まった手紙
  • お店の袋

などなど、、、

今使わないものは売るか捨てる。

でもとっておきたいな、、とかいつか使いそうだな、、と思ったものは1つにまとめてとっておくといいと思います。

捨てて後悔するのは良くないので。

生活に必要なもの

例えば、旅行系。

  • スーツケース
  • 歯ブラシ
  • エコバッグ
  • ポーチ

これはまとめて置いておきたいですね。

あとは、服も必要です。

  • バッグ
  • アクセサリー
  • 帽子
  • 靴下
  • 下着

ここら辺は量を減らすことも考えるといいと思います。

大事な1つだけ持つようにするとか、ここに収まる分だけ持つなどです。

私はクローゼットに入る分、持つようにしています。

クローゼットは閉められるので、部屋全体を見たときに視界に邪魔にならないので、クローゼットの中に入ればOKとしています。

仕事・学校系も必需品ですね。

  • 教科書や書類
  • 筆箱

毎日使うものは、バッグに入れておくか1か所にまとめるのがおすすめです。

  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • 時計
  • エコバッグ
  • 財布
  • 定期

数はどれくらい必要か

「数」という視点で考えた時に、やっぱり「人それぞれ」が答えになると思います。

暮らして心地のいい量で暮らすための片付けが私の理想です。

だから、めいかくに量は決めなくていいと思っています。

だた何が必要か、これはなくてもいい。

こういう判断を自分なりにできるようになると、必要ないものを買わなくて済んだり、本当に好きなものがわかってくるのが楽しいです。

私は服、アイドルグッズ、音楽系は数を決めません。

欲しいものは買うし、もういらないと思ったら手放します。

でも、そのほか2つも3つもいらないものは、少しずつ1つに絞るようにしています。

バッグや、アクセサリー、本、雑誌など、持っていれば便利だけど、シンプルで使いまわせるもの・よく使うものを持っていれば、選択が楽になります。

いわゆる「決断疲れ」をなくすためにも、自分に必要なものの量を把握するのはおすすめです。

まとめ

  1. 自分に必要なモノを知る

2. 同じものは2つもいらない

3. 数にこだわらない

これが私てき、おすすめ片付け法でした。

洗面所もキッチンもリビングも、同じ原理だと思います。

少し意識するだけで、片付けのしやすさが違うと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

ミニマリストの部屋作りとして、必要なものを考えてみる作業をしてみます。 今回は、「部屋」だけに絞って、洗面所やキッチンなどは考えません。 私自身、実家暮らしで1人部屋なので、自分のモノがどれだけ必要なのかを知って、部屋の…

ミニマリストの部屋作りとして、必要なものを考えてみる作業をしてみます。 今回は、「部屋」だけに絞って、洗面所やキッチンなどは考えません。 私自身、実家暮らしで1人部屋なので、自分のモノがどれだけ必要なのかを知って、部屋の…

コメントを残す