Penonのボールペンしか勝たん|替え芯を回収してリサイクルしてくれる

  • 127

※画像はホームページから引用しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サステナブルな「ペン」を探していました。

調べた結果、「万年筆」と「鉛筆」が最もサステナブルという答えになりました。

万年筆は、インクの交換だけでいい点がゴミが出ない。

鉛筆は、プラスチックフリーであること、削ったかすは自然に還ること。

これらが環境にいいという結論に至りました。

で、早速私は手に取りやすい鉛筆を使うようになったんですね。

万年筆は高い印象があったのと、持ち運びにくい印象があったので、小学生の頃から使っている鉛筆を再び使うようになりました。

でも、問題が生じます。

公的な書類は「ボールペン」で書かなければいけないんです!!!

結局、借りることでなんとかなりましたが、、

確かに消せないようにボールペン使いますもんね、、

万年筆を使うという手段もありますが、

色々調べてみると、芯を回収してリサイクルしてくれるボールペンを見つけたので、紹介してみます☺️

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ペノンのボールペン

Penon(ペノン)というブランドが出したとってもサステナブルなボールペン。

一度ボールペンを買えば、次は替え芯を買うだけ。

そして替え芯は使い終えたら回収してリサイクルされます。

ゴミにならないボールペンということですね。

ボールペン自体は、1200〜1400円で購入できます。

可愛らしいデザインで、フラッグやメガネの刺繍デザインが入っています。

替え芯は250円

2本入りなので、1本あたり125円です。

普通に買うよりは圧倒的に値段は高いですが、圧倒的に環境にいいので、ぜひ使って欲しいです。

回収方法

封筒になっているパッケージに使い終わった芯を入れて、ポストに入れるだけです📮

簡単ですね〜

切手もいらないそうです。

分別方法

回収したあとにどうなっているか、も明確に書かれています。

普通の会社はどうやって作られているか、どう処分するかをはっきり書かないのですが、ペノンはちゃんと明記してくれています。

透明な取り組みでとっても印象がいいです。

書かれていたのは、こういった内容です。

  • ステンレスは溶かして再利用(=マテリアルリサイクル)
  • プラスチックは燃料になる(=再生燃料RPFというもの)

ステンレスは再利用、プラスチックは燃料にしているということですね。

普通だったら、ボールペンは埋め立てられている。

プラスチックは何百年も土に還らない。

だからプラスチックを減らすことで、埋め立てるゴミを減らし、海を守る。

パッケージも100%古紙再生紙。

植林が約束された木を使っている。

最高。

これ以上ない。

ということで、ぜひ使ってみてください☺️

ホームページはこちら↓↓

https://shop.penon.co.jp/view/category/refill

※画像はホームページから引用しています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー サステナブルな「ペン」を探していました。 調べた結果、「万年筆」と「鉛筆」が最もサステナブルという答えになりました。 万年筆は、インクの…

※画像はホームページから引用しています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー サステナブルな「ペン」を探していました。 調べた結果、「万年筆」と「鉛筆」が最もサステナブルという答えになりました。 万年筆は、インクの…

コメントを残す