Aikyatti

経常利益・営業利益・純利益などの違いって?|売上総利益|企業の経営状態を把握する!

  • 371
Aikyatti

会計をやることになったとき、「〜利益は○○と○○を引いた数」を分かっておくと、だいぶ楽になりますよね。〜利益を求めてください。と言われたときに、“サッと”出来るようにしたい!!

大学生にも分かりやすいように、簡単にまとめてみました。

さっそく紹介!

①売上総利益 

売上−原料費、付加価値(サービス料も)の総額

どれだけ売上たかを表しています

②営業利益 

売上総利益 − 必要経費[販売費・一般管理費(広告や光熱費など)]

売上から、広告費などの経費を差し引きます

③経常利益  

営業利益+営業外収益(投資の利益など)−営業外費用(支払利息など)

投資で得た損益などを差し引きます

④当期純利益 

税引前当期純利益(特別収益・特別損失)−法人税(20〜40% )

法人税を引きます

⑤純利益 

全ての利益 +特別収益−特別損失−税金

全ての利益から当期純利益を引きます

少し複雑ですが、ちょっとした違いが分かると今後役に立つ知識になります‼️

「営業利益、経常利益、純利益」によって、企業の経営状態を細かく把握することができます。
経常利益は、企業の業績や財務状況を把握することができます。

経常利益を見て、企業を見る!

利益

経常利益率=「経常利益÷売上高×100」で求めることができます☺️

普通の企業で4%、10%以上だと優良企業だと言われています。

優良企業の特徴

  • 固定資産がある
  • 収益事業を多く持つ
  • 倒産するリスクが低い

飲食業、製造業、石油・ガス・鉱物業、銀行・信託業が経常利益率が非常に高いです。

一方、卸売業、建設業は経常利益率が低いと言われています。

まとめ

  1. 売上総利益
  2. 営業利益
  3. 経常利益
  4. 当期純利益
  5. 純利益

の違いが少し理解できたでしょうか??

業界ごとに基準値が異なるので、その部分も理解しながら判断することが重要です。

例えば、営業利益が多くても、工場費や人件費が莫大にかかっているなら、営業利益率は低くなります。営業利益がどれくらいだけを見ても、一概に判断できないんです💧

だから、業種ごとの基準や利益の違いを少し理解しておくと、企業を見極めるときに判断しやすくなります。とくに株をやっている方や就職で企業を選ぶ際にも、一度考えてみるといいかもしれません✨

会計をやることになったとき、「〜利益は○○と○○を引いた数」を分かっておくと、だいぶ楽になりますよね。〜利益を求めてください。と言われたときに、“サッと”出来るようにしたい!! 大学生にも分かりやすいように、簡単にまとめ…

会計をやることになったとき、「〜利益は○○と○○を引いた数」を分かっておくと、だいぶ楽になりますよね。〜利益を求めてください。と言われたときに、“サッと”出来るようにしたい!! 大学生にも分かりやすいように、簡単にまとめ…

コメントを残す