京都の量り売りスーパー「斗々屋」

  • 252

ある日、ふとインスタで見つけた「斗々屋」。

最初の印象は「おしゃれなお店だなぁ」ということ。

でも調べてみると納得しました。

新しく時代にあっているのに、自然な生活を目指している。

私が目指す「時代とともにある」お店でした。

プラスチックフリーの取り組みや、その商品の多さにとても魅力を感じたので、紹介していきたいと思います。

「斗々屋」って?

京都にあるゼロウェイストなスーパーマーケットです。

商品をプラスチックフリーで提供したり、量り売りで売ったりと、最大限ゴミを出さないように工夫されたお店になっています。

最近オープンした、新しいお店です。

もっともっと知ってもらいたいと思い、紹介したいと思いました。

どんなものを量り売りしてるの?

  • 野菜
  • 果物
  • お肉
  • お惣菜
  • 液体(醤油、酢、ワイン、オリーブオイルなど)
  • 乾物(豆、ナッツなど)
  • パスタ
  • 小麦粉
  • 納豆
  • 豆腐

こんなに多くのものを量り売りしているお店は初めてみました。

特にお米や小麦粉、豆、野菜は日常的に使うものなので、本当に嬉しいです。

あと、お惣菜も嬉しいですね。

作れない日もありますし、、

量り売りだと、惣菜で出る大きなプラスチックゴミの心配もなくなります。

野菜もパッケージフリーでした。

いつも野菜の包装いらないのにな、、と思ってました。

大手のスーパーは難しいかもしれませんが、こうやって少しずつプラスチックフリーのお店が増えると嬉しいです。

こちらは、国分寺にあるnue by Toyotaのホームページから参考にさせていただきました。

https://www.nuebytotoya.com/products

夜の食事も楽しみたい!

斗々屋はお店で余った生鮮食品などを使って、夜にレストランを経営しています。

これは「フードロス」の問題を解決しています。

飲食店で出される食品ロスはとても多く、問題になっています。

斗々屋がロールモデルとなって、これから新たな食品店を見せてくれそうでとても楽しみです。

18:00-23:00で営業をしているそうなので、ぜひ足を運んでみてください!

公式HP

ある日、ふとインスタで見つけた「斗々屋」。 最初の印象は「おしゃれなお店だなぁ」ということ。 でも調べてみると納得しました。 新しく時代にあっているのに、自然な生活を目指している。 私が目指す「時代とともにある」お店でし…

ある日、ふとインスタで見つけた「斗々屋」。 最初の印象は「おしゃれなお店だなぁ」ということ。 でも調べてみると納得しました。 新しく時代にあっているのに、自然な生活を目指している。 私が目指す「時代とともにある」お店でし…

コメントを残す